沖縄の今を紹介!

Okinawa-Foodlab

ガーリックチキンの名物店。移転先で絶賛営業中。「コッコロコハウス」チキン丸焼きが旨すぎる!

地元で大人気、ガーリックチキン!「コッコロコハウス」。移転先でも大絶賛営業中!このうまさは県知事賞級です!

まず地元の人はこの大人気店のお店の正式名称をあまり正しき認識していない。「こっころハウスでしょ?」「こけっここハウス?」。正しくは「こっころこハウス」です。昔はコザ高校の近くの、なんとも歴史情緒にあふれた(ちょっと古めかしい)建物で営業してたのですがさすがに老朽化したのでしょう、現在は沖縄市泡瀬の住宅街の一角に、新規移転し、営業しております。

味は変わっていません。最高のチキン丸焼きです。ガーリックチキンです。絶品です。

地元の人はお祝い事、集まりなど、チキンをごちそうとして、客人をもてなします。チキンの丸焼きを5個、6個、とまとめ買いするお客さんもいっぱいいます。大量にお求めの際は予約必至です。

店内でのイートインも大人気です。お昼過ぎには、チキンのメニューが売切れになってしまうこともしばしば。そして実は今回も、チキンが売切れ(T_T)。なんとかチキンそばは作れるということで、そちらを注文しました。いつもはこっころこスペシャル(チキンクォーター)を注文します。これくらいが一人ではちょうどいい感じなんです。

他にも定食系がラインナップ。

そして「チキンそば」沖縄そばにトッピングとしてガーリックチキン。得てしてさっぱりといただく沖縄そばが一気にスタミナ料理へと変身します。ガーリックチキンはハーブとにんにく、そしてビネガーお酢にたっぷり漬け込んで、じっくりと焼いてます。一口一口で、しっかりと味付けされたチキンを楽しめます。柔らかく、しかもジューシー。チキンは水分を飛ばしすぎると美味しくない。べちょべちょでも美味しくない。最高の火加減焼き加減なのです。あるシェフが言ってました。「肉料理は、どれくらい水分を飛ばすか飛ばさないか。それだけ。」だと。この言葉を噛みしめそして納得しながら、チキンも噛みしめていました。

ちょっと口の中がにんにくになったら、そばをかき込み、つゆをすする。口の中がリセットされたら、またチキン。これこそこっころこハウス「チキンそば」の無限ループ。これにハマったらなかなか抜け出すことができない中毒性を持っています。

次回はガーリックチキンのハーフが楽しめる「とり皿」をぜひいただきます!!

やたらとキッチンがでかいチキン屋さんです(笑)。

お店の情報

店舗名:

こっころこハウス

住所:

沖縄県沖縄市泡瀬 2-42-14

電話:

098-937-9326

URL:

http://